階段昇降機 設置例

階段昇降機の設置例

 階段昇降機をPRし続けているしゅうさんです!

 階段昇降機を設置するのは様々なケースが有ります。最も多いのは個人のお宅に設置するケースです。
 それ以外ですと、公共的な場所に不特定多数の方を対象として設置するケースが有ります。例えば学校・劇場・駅・大規模商業施設(デパートなど)・お役所の庁舎などが有ります。

 その中で今回紹介するのはこのような福祉機器や介護用品などを展示しているスペースに、デモンストレーション用に設置するケースです。

 特に階段昇降機や段差を解消するリフトなどは、カタログを見るだけではなかなかイメージが湧きません。また、実際に乗ってみたり座ってみて初めて購入を決断できる方も多いと思います。

 残念ながら最近ではスペースや経費の問題から、このような展示スペースは少なくなっていっているのが現状です。

杉並区福祉機器展示センター.jpg

 少し見にくいかもしれませんが、杉並区の福祉機器展示センターの画像です。誰でも気軽に見学できるので、私の会社でも問い合わせが有ると紹介しています。設置しようかどうか検討中の方は、是非一度見て頂きたいと思います。

 それではまた。
 
 

階段昇降機 設置例

階段昇降機を取り付けるには?

 階段昇降機に特化したしゅうさんです!

 階段昇降機の設置については様々な意見があります。

 今までにも階段昇降機の選定基準や階段昇降機は必要か?などと言うテーマでお伝えして来ましたが、実際の設置例を基にいくつかのケースを紹介していきたいと思っています。

 しかし、一つ分かって頂きたいのは全く同じケースは一つとして存在しないという事です。これは全く同じ場所に設置する場合でも同じことが言えます。
 何故かと言えば、使う方の人体状況や家族状況、その他の環境も日々刻々と変化し続けているからです。つまり半年前までならこの機種をこのように設置しましょうと私が言っていたとします。
 その後半年ほど経ってからもう一度検討した場合、前回と同じ提案をするかしないかは私自身にも判らないのです。

 私はきっと一から全ての状況を確認するために、前回した質問をもう一度全て繰り返すと思います。場合によっては前回しなかった質問や検討事項も出て来るかも知れません。

 今回紹介するのは屋外用の階段昇降機です。比較的階段が広かったので、問題なく設置出来ました。
H2008 T邸 001.jpg

 屋外用の階段昇降機の場合階段の寸法確認が難しいケースが有ります。建物の内部の階段のようにキッチリ蹴上・踏み板の寸法が出ていないケースが多いと思います。

H2008 T邸 002.jpg

 後はこのケースもそうだったのですが、降りたところがすぐに通路になっていたりする事が多いのです。収まりを工夫して尚且つ使う方のご要望に答える事が求められます。

 こうなってくると、我々現場に行く者と設計・製作する担当者の経験によるところがモノをいいます。どれくらい多くの設置に携わってきたか?必ずしもうまく行ったことばかりでは有りません。設置後の修正や手直しも場合によっては出てきます。しかし、その経験が次の現場で役に立つのです。

 それゆえいつも初めての現場に伺うときには、敢えて頭の中を空っぽの状態で臨みます。先入観は持たない。楽観的にも悲観的にもならないで、ニュートラルなポジションを維持しながら臨むのが大事だと最近特に思います。
 そうすればいつも新たな気持ちでお客様と話も出来ます。簡単そうでいて結構難しい時も有ります。

 先ずは客様のご要望やご意見をじっくり聴く事が第一歩のようです。
それではまた。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。