階段昇降機お役立ち情報ブログ > コラム > 2011年 国際福祉機器展を終えて 

コラム

2011年 国際福祉機器展を終えて 

 階段昇降機を国際福祉機器展でも、三日間紹介させてもらいました。

今年の機器展を終えての感想と、これからの展望というか課題について

あなたと共に考察して行きたいと思います。

 今から10年程前の機器展と、今の機器展とはどのように変化してきて

いるでしょうか?


 実はわたしも途中何年間か離れていた時期があるので、全てを時系列で

見てきたわけでは有りません。

 ただ、もしかすると全てに参加してきた方の方が、見えにくい部分がある

かも知れないと思います。何故なら年一回といっても一年後との変化は、

微妙な僅かな違いだからです。

 しかし、これが4年或いは5年も間が空くと、その違いはある程度実体と

して明確に感じることが出来ます。

 わたしが戻って来て最初のこの展示会で一番に感じたことは、

「既に一般の方向けの展示会では無くなった。」と言う事です。

もともと世界の主要な介護・福祉に関連する企業の見本市的な展示会でした

が、15、6年前のこの展示会には、まだまだ一般の方が多く来られていま

した。それも情報を集めるためではなくて、モノを自分の目で見て実際に購入

するためです。

 理由はとてもシンプルで、まだまだ情報自体が極端に少なかった事が上げら

れます。つまり階段昇降機が一体どういうものなのか、誰も知らなかった時代

の展示会だったわけです。

 その後公的な展示スペースもあちこちに出来て、メーカー・販売会社もPR

活動を精力的に続けた結果一般の方もかなりの情報を得られるようになりました。

 それは地元の建築会社・設計会社・介護福祉関連の会社などからです。

更にインターネットの普及により、自宅にいながら画像や動画でどのような物か

見ることが出来るようになって今があります。

 いまや機器展の役割は、だた認知してもらうというポジションから変わりつつ

あるようです。

 それは「プロがプロたるための展示会。」と言う事なのだと思います。

今扱っている製品やサービスが今後どのような進化発展を遂げるのか?その方向

は果たして自分の行なっている事業やサービスとマッチするものなのか?

 そもそも自分が今後進みたい方向は、業界や世の中が進もうとしているその

向きと合っているのかどうか?

 もっと簡単に言うと、これから世の中はどうなって行くのか?

 この普遍的なテーマを考えるヒントを与えてくれる場であると言えます。

何故なら高齢化社会は、人類共通のテーマだからです。

ネット社会になる以前は、わたしもあまり考えていなかったことですが、

少し考え方を改めなくては・・・と思っています。

いまや情報は世界の何処にいても、それを欲しいと望む意志さえあれば

ある程度手に入るのですから。

 しかし、あくまでそれは二次情報であって、肌で感じるものではありま

せん。ある意味フィルターを通して得られるものです。

 自分の意思決定を左右する生の情報は、実際に自分の足で歩いて得る

べきだと思います。そして、それを自分なりに検証していく作業が当然

必要になってきます。

 今回わたしが展示会で得た一次情報は、わたしのフィールドに落とし

てみて自分なりに検証していきたいと思っています。

 国際福祉機器展は、このような情報収集と発信の場になっているようです。

<<階段昇降機を使う人について その3 | 階段昇降機お役立ち情報ブログトップへ | 階段昇降機はどのように選んだら良いのか?>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。